【英検は不要?】英検は最も優れた英語運用能力テストである

英検は不要?

中学から高校に進学した2014年、私は至る所で英検不要論を耳にした。なんでも、英検は“時代遅れ”だと言うのである。

そう言う人達は口を揃えて『これからはTOEICの時代だよ。英検は古すぎてもう評価されない』と言っていたものだった。英語の世界を全く知らなかった自分はその真偽を確かめる手段もモチベもなかったため、この言説を鵜呑みにしていたが、英検1級をとった今、こうした主張を繰り返していた人は、TOEIC・英検双方に誤解があるのではないかと思う

「英検は評価されない」 — この主張、もしかしたらある意味では正しいのかもしれない。文部科学省は、日本人の英語能力が「読み・聞き」のインプット能力ばかり発達しているという批判に応え、「4技能を幅広く」育成することに力を入れ始めた。その一環として、2020年度開始の「大学入学共通テスト」では、受験者全ての4技能を評価しない外部資格・検定試験は活用できないと明言している。従来の英検は、1次試験(リーディング・リスニング・ライティング)を突破した人のみが2次試験(スピーキング)を受けられるという形態のため、対象から外されてしまったのである。

現在、英検は「英検S-CBT」という1日完結で4技能を測れる試験がある。

しかし、そのことは「英検は誰にも評価されない」という主張と結びつくのだろうか。逆に、受験から留学、就活まであらゆる場面で取り入れられているTOEICは、そんなに優秀な英語力測定テストなのだろうか。

今回は、英検の特徴をメリット・デメリットに分けて紹介し、英語学習者の皆さんに英検取得をおすすめする。その上で、「英検は誰にも評価されない」「英検は不要」という言説について再度考えていただければ幸いである。

ちなみに、本記事でいう「英検」とは従来型の1次・2次からなる英検を指す。

英検の試験内容

英検は、1次試験(リーディング・リスニング・ライティング)と2次試験(スピーキング)の二部構成となっている。1次試験に合格しなければ2次試験に進むことはできない。

リーディングは、大きく文法セクション(単語・熟語の知識を問う/文法事項を問う)と読解セクションに分けられ、内容は級によって構成が異なる。ライティングは英語のエッセイを1つ書き上げるもので、1級だと220~240語程度、2級だと80~100語程度。

級によって大きく難易度が異なり、特に2級→準1級には比較的大きな差がある。なお、過去3回分の過去問が常に公式サイトにて入手できるため、受検予定の人はあらかじめ自分にあった難易度の選択が可能だ。

英検をとるメリット

英検をとるメリットは多く分けて、①消えない永久資格である、②英語の媒体の読解に生きてくる、③受験「後」の自己研鑽に最適、の3つが挙げられる。では順に見ていこう。

①消えない永久資格である

まずは、英検を保持していることのメリットから。多くの英語資格試験が2年でスコアの有効期限が切れてしまう中、英検は一度取得すれば死ぬまで取得が評価されるものだ。

英語資格試験で有名なTOEIC、TOEFL、IELTS(イギリス英語向け)は全て2年が経過するとスコアが無効となってしまう。その点が「昔取った杵柄」になりづらく、最新の英語力を証明できるというわけである。

しかし、英語運用能とは、一朝一夕に衰えるものではない。これは自転車や泳ぎと同じもので、一度カンをつかめば、些細な能力の衰え(単語を忘れる、言葉に多少詰まる)はあれど、きちんと力は残り続ける。もちろん、「海外留学から帰ってきて時間が経ちスピーキングが衰えた」という話はよく耳にするが、英語でコミュニケーションをとるための、根底にある力は簡単に落ちることはない。

②英語の媒体の読解に生きてくる

英検批判でよく言われる「英検で出てくる単語は非実用的なものが多い。だから勉強しても実生活に生かされづらい」いう主張。これは間違いなく誤解だと思う。

結論から言うと、英検で出題される単語は「実用的だが、ビジネスで即活用できるものではない」

この話題でよく英検の対抗馬として出されるのがTOEICだ。TOEICは出題場面の設定がビジネス・大学などで、会話が非常に実用的場面に特化している。そのため、「TOEICを学ぶ=実用的な英語が身につく」と勘違いする人が後を絶たない。

対して、英検は社会問題が中心となり、歴史・技術・経済など、教養とされる分野から幅広く出題される。間違いなく、ビジネスシーンですぐに使える技能では必ずしもない。しかし、それらの単語は、映画や本を読むなど教養的に必要とされるものである。

私は英検1級を取得するために、英検1級に出る単語を覚えたことで、英語論文の読みやすさが格段に上がった。ゼミでアルバート・O・ハーシュマンの『開発計画の診断』を読んだ際、今まで難解な単語につまずき何度も辞書を引いていたところを、詰まることなくスラスラ読めるようになっていた

「実用」に何を含めるか。実用の意味を「即戦力」と狭く捉えているのであれば英検はたしかに回り道だ。しかし、自己研鑽や自己修養という意味で、自分の能力を向上させたいのであれば英検対策は強力な武器となる。

③受験「後」の自己研鑽に最適

これは英検1級・準1級を目指す人に特に当てはまると思う。

高校での試験勉強や大学受験などを通し、ある程度英語力を向上させてきた人は、「受験」というラスボスが消えてしまうと一気に学習への意欲が減退してしまう。そのため、読み物を読んでいて知らない単語を目にしても「どうせ一生に一回ぐらいしか見ないやつでしょ?」と覚える努力を怠ってしまいがちである。

しかし、英検1級はそれを打破してくれる。もう一度英語へと向き直るきっかけをくれるのだ。

だが、「それなら英検ではなく、TOEICやTOEFLなど他のテスト・試験でも同じなのでは?」と思うかもしれない。確かに、多頻度で実施されるTOEICテストなどを英語学習のモチベ・指標としている人は多い。しかし、あらゆる英語テストの中で最も難易度が高く教養が試されるのは英検であり、そのことは学習へのモチベを最大限に高めてくれる。

英検は、英語だけができても合格は難しい。ライティング・スピーキングにおいては、社会課題に対し自分の意見を持ち、述べることが求められる。特にスピーキングでは、臨機応変に面接官の答えに回答していくためにある程度深い考えを持っていることが必要だ。英検に向けた勉強は、そうした力を英語力とともに高めてくれる。

英検が生むデメリット

ここまで英検のメリットを強調してきた。しかし、英検1級対策をしていく上で1点、絶対にデメリットになり得ると強く実感した点がある。それは、「ライティング/スピーキングの”内容”を鵜呑みにすること」である。

ライティング/スピーキングの”内容”は鵜呑みにするな

英語のスピーチとしてのテクニックとして、「〇〇をどう思うか」「〇〇に賛成か反対か」というお題に応える際、賛成・反対のどちらからでも意見が述べられるようにする対策が求められる。

ディベートでも常に、pros/consの両面から見ることが求められ、これは間違いなく重要な視点である。しかし、こうしたpros/consの対策として対策本に挙げられている中には、かなり真偽が怪しいものが混じっているのも事実だ。

例えば、多くのテキストで「Agree or disagree: should the developed nations tackle with the poverty?」に対し使えるフレーズとして、「Poverty is the root cause of terrorism.」の一文を紹介している。しかし実際は、貧困がテロの元凶であるという主張には、慎重になる必要がある(厳密には、「貧困がテロを生む」(=因果関係にある)のではなく「貧困はテロリストのテロ攻撃を正当化し得る」など、因果関係を断定できない微妙さを含んでいる)。

英検のテキストは、社会課題の解説書ではない。あくまでも話法・テクニックであることを留意しよう。テキストで挙げられた説明は社会課題を非常に簡略化して捉えているので、鵜呑みにするのは危険である。

おわりに

いかがだろうか。英検への捉え方が少しでも変化した/(ポジティブな方へ)強化されたのであれば嬉しい。また、ぜひ賛成・反対の意見があればコメントをもらいたい。

次回は、せっかく英検1級に合格したので、「英検1級はどれぐらいのスコアをとれば合格できるのか」について英語学習者の方へ情報を提供する予定である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました